スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ にほんブログ村 家族ブログ 子供を作らない夫婦(夫婦二人)へ
--/-- --:-- | スポンサー広告
中島義道の本
以前『カイン~自分の「弱さ」に悩むきみへ』という本
についての記事をアップしましたが、
今回は中島義道さんの他の著書を紹介したいと思います。

ひとつひとつ記事にして感想を書こうと思っていたのですが
後回しになってしまい・・・断念。

「とにかく、これらの本の存在を知ってもらいたい!」
という思いから、いつもの「感想なし」スタイルで
タイトルだけでも掲載しておきたいと思います。

Amazonのリンクが貼ってありますので、
本の内容やレビューについてはそちらを御覧下さい。


どうも「皆と一緒」になれない人、
世の中の「お約束」に納得がいかない人、
傷つきやすい人、
人間関係に悩む人、
心に毒が溜まっている人、
生きることについて悩んでいる人、
本当の自分を殺して生きている人・・・
そんな人達にオススメの本です。

心に傷を負い、深みにはまった当事者の言葉だからこそ
染み渡るものがあります。

ただし、余計なお世話かもしれないですが、
注意点がひとつ。

書かれていることをすべて真に受けるのは危険です。
これらはあくまでも「中島さんの考え方」であって、
あなたが同調する必要はありません。
ほどほどに自分を保ちつつ読むと良いと思われます。





1)「生きにくい・・・ 私は哲学病」 中島義道

お気に入り度(10点満点中):9点



内容(「BOOK」データベースより)
勝手に生まれさせられ、もうじき死んでゆくことの理不尽。生きているかぎり、偶然と運に翻弄されつづけ、他人からはほとんど理解されず、苦しみつづけることの理不尽。この真実をごまかすことなく見つめつづけ、思考しつづけるほか、あなたがあなたらしく生きる方法はない。「なぜなぜ病=哲学病」の本質を衝いたオリジナル童話とその解説、死と時間をめぐる真摯な論考、ユニークな読書案内…。中島哲学、恰好の入門書。



2)「『人間嫌い』のルール」 中島義道

お気に入り度(10点満点中):10点



内容(「BOOK」データベースより)
「人はひとりでは生きていけない」。その言葉を錦の御旗に、表向きうまくやるのが「おとな」、できない人は病気と蔑む―他人を傷つけないという名目の下に、嘘やおもねりも正当化されるのが日本社会である。そんな「思いやり」の押しつけを「善意」と疑わない鈍感さ。「人間嫌い」は、そこに途方もない息苦しさを感じてしまう人なのだ。したくないことはしない、心にもないことは語らない。世間の掟に縛られずとも、豊かで居心地のよい人間関係は築ける。自分をごまかさず、本音で生きる勇気と心構えを与えてくれる一冊。



3)「ひとを<嫌う>ということ」 中島義道

お気に入り度(10点満点中):10点



内容(「BOOK」データベースより)
あなたはひとから嫌い!と言われたら動揺するでしょう?あなたは自分が嫌いなひとからもできれば嫌われたくないでしょう?日常的にふりかかる「嫌い」の現実とその対処法を、家族にとことん嫌われた哲学者が徹底的に考え抜いた。「嫌い」の要因8項を探りあて、自己嫌悪、嫉妬、軽蔑、復讐の本質をみきわめ、“サラッと嫌い合う”技術と効用を解き明かしていく―。豊かな人生を過ごすために、きちんとひとと嫌い合う、「嫌いのバイブル」誕生。



4)「怒る技術」 中島義道

お気に入り度(10点満点中):9点



内容(「BOOK」データベースより)
あなたは上手に怒ることができますか?突発的に「キレる」のではなく、効果を冷静に計算して、相手に怒りをぶつけること。「やさしい」言葉に乗じて、個人固有の考え方や感受性、言葉を奪い去ろうとする他者に対して、怒りを感じ、伝え、時に相手の怒りを受け止める術を磨く。かつては怒れなかった青年が、留学先のウィーンで独り生き抜くために培った怒る技術。豊かな人生を取り戻すために、本書を片手に、いまこそ怒ろう。



5)「私の嫌いな10の言葉」 中島義道

お気に入り度(10点満点中):10点



内容(「BOOK」データベースより)
「相手の気持ちを考えろよ!人間はひとりで生きてるんじゃない。こんな大事なことは、おまえのためを思って言ってるんだ。依怙地にならないで素直になれよ。相手に一度頭を下げれば済むじゃないか!弁解するな。おまえが言い訳すると、みんなが厭な気分になるぞ」。こんなもっともらしい言葉をのたまう大人が、吐気がするほど嫌いだ!精神のマイノリティに放つ反日本人論。



6)「私の嫌いな10の人びと」 中島義道

お気に入り度(10点満点中):8点



内容(「BOOK」データベースより)
「笑顔の絶えない人」「みんなの喜ぶ顔が見たい人」…そんな「いい人」に出会うと、不愉快でたまらない!共通するのは、自分の頭で考えず、世間の考え方に無批判に従う怠惰な姿勢だ。多数派の価値観を振りかざし、少数派の感受性を踏みにじる鈍感さだ。そんなすべてが嫌なのだ!「戦う哲学者」中島義道が10のタイプの「善人」をバッサリと斬る。日本的常識への勇気ある抗議の書。



7)「うるさい日本の私」 中島義道

お気に入り度(10点満点中):8点



内容(「BOOK」データベースより)
バス・電車、デパートから駅の構内、物干し竿の宣伝まで、けたたましくスピーカーががなりたてる、この日本―。いたるところ騒音だらけ。我慢できない著者は、その“製造元”に抗議に出かけ徹底的に議論する。が、空しい戦いから浮かび上がったのは、他人への押しつけがましい“優しさ”を期待する日本人の姿だった。日本社会の問題点を意外な角度からえぐる、「戦う大学教授」の怪著。



8)「働くことがイヤな人のための本」 中島義道

お気に入り度(10点満点中):8点



内容(「BOOK」データベースより)
「仕事とは何だろうか?」「人はなぜ働かねばならないのか?」「生きることがそのまま仕事であることは可能か?」―引きこもりの留年生、三十過ぎの未婚OL、中年サラリーマン、元・哲学青年の会社経営者といった人物との架空対話を通して、人間が「よく生きること」の意味を探究する。仕事としっくりいかず、生きがいを見出せない人たちに贈る、哲学者からのメッセージ。




スポンサーサイト
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ にほんブログ村 家族ブログ 子供を作らない夫婦(夫婦二人)へ
スレッドテーマ [ 本・雑誌 … 紹介したい本 ]
05/29 12:27 |  | CM:1 | TB:0
その後の「シェイプボクシング」
リクエストを頂きましたので、
その後の「シェイプボクシング」についてレポートします。




毎日行っていたわけではないのですが、
二の腕にはかなり効果がありました。
あのプルプルが目に見えて減っているー!!
これは驚きです。

また、背中と太ももには筋肉が付き始め、
締まってきたように感じます。

これから露出が増える季節ですから、
これは嬉しい変化!!

ますます、やる気アップ!!


最初はコツがつかめず、
やたらと力を入れてパンチを出していたのですが、
(そのせいで腕があがらないほどの筋肉痛に見舞われた)
今ではWiiリモコンの持ち方、パンチの出し方など
反応しやすい角度を体得し、動きがスムーズになりました。

エクササイズの難易度が上がってくると、
コンビネーションも複雑化してきますので
この「動きのコツ」を掴むことは非常に重要ですね。

Amazonのレビューで、多くの方が書いているように
30分もやれば汗ダクになります。
それがまた爽快で、気持ち良い。
頑張った自分を褒めてあげたくなる?!
このストレス発散効果も私にとっては重要です。
実感できるまではそんな効果があるとは
信じられなかったけど(笑)

それから、あくまでもオマケとして
バランスWiiボードに対応した筋トレ&ゲーム
あるのですが、私は使用していません。
そもそも、バランスゲームと地道な筋トレに飽きたから
シェイプボクシングを購入したわけだし。



WiiFitと比較してみると・・・



効果、運動量、爽快感、継続しやすさ、コストパフォーマンス、
すべてシェイプボクシングが上回っていると感じます。
(あくまでも私の個人的意見です)

ただ、WiiFitとシェイプボクシングは
役割が違いますので、どんな運動を求めるかによって
変わってくるのでしょうね。




WiiFit向きなのは

・体のゆがみを矯正したい人
・ヨガが好きな人
・ゆったりとした運動をしたい人
・基本的な筋力をつけたい人
・バランス感覚をアップしたい人
・インナーマッスルを鍛えたい人
・体重の変化を記録したい人
・体を使ったゲームを楽しみたい人
・リズム感に自信がない人
・地道な努力が苦にならない人
・お年寄り等、激しい運動に自信がない人
・バランスWiiボードの収納場所が確保できる人
・余計な効果音や音楽などは無しで静かに運動したい人
・SかMかといったらMの人




シェイプボクシング向きなのは

・Wiiリモコンを2つ所有している人
・「運動した」感がほしい人
・飽きっぽい人
・特に二の腕、背中の贅肉に悩んでいる人
・代謝をあげたい人
・汗をかきたい人
・ストレスが溜まっている人
・床がギシギシいわない家に住んでいる人(笑)
・バランスWiiボードの収納場所が確保できない人
・音楽に合わせて体を動かすのが好きな人
・SかMかといったらSの人



こんな感じでお分かり頂けたでしょうか?



Wii Fit 公式HP
http://www.nintendo.co.jp/wii/rfnj/index.html

シェイプボクシング Wiiでエンジョイダイエット!
公式HP
http://www.rocketcompany.co.jp/shape/index.html


にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ にほんブログ村 家族ブログ 子供を作らない夫婦(夫婦二人)へ
スレッドテーマ [ ゲーム … Wii(ウィー)総合 ]
05/28 13:09 | 子なしでゲーム | CM:1 | TB:0
親に向かない人間
親権の一時・一部停止の法制化について議論する
研究会が発足する。

Yahoo!ニュース 5月27日7時56分配信 産経新聞
『法務省「親権制限」で研究会 児童虐待 民法改正も視野』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090527-00000058-san-soci

子供に必要な医療を受けさせない
「医療ネグレクト」などのケースで適用が期待されているようです。


毎日のように流れる虐待のニュース。
ニュースにもならない隠れた虐待も多くあるはず。

虐待はなくならない。
それが現実。

子供を産んだら、誰もが「親」になれるわけではない。

親に向かない人間が、実際、存在しているということ。

この事実を無視して、
「産めばなんとかなる」と言う人間のなんと多いことか。




そして、ここにも「親に向かない」であろう人間がひとり。

信じられないような虐待のニュースの中にも、
私は微かな共感を覚えてしまう。

「信じられない!・・・でも、少し分かるかな。」

人間から鬼畜へと変化する、
そのスイッチが自分の中のどこにあるか。
それが見えているような感覚。

絶対に触らないだろうけれど、
何かの拍子に触ってしまいそうな予感がする。

不安よりも、確信に近い予感が。

自分は虐待なんてされたことないし、
家庭も平穏だったのに・・・不思議。





私にとって「子供を持たない選択」は間違いではない。
負担を避けるだけの選択ではないのだから。






**

私が子供を産みたいと思えないのは、
この理由が全てではないです。
様々な思いが絡み合った結果です。

また、ブログ記事が私の全てでもないです。
あくまでも自分の一面でしかありません。

**


にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ にほんブログ村 家族ブログ 子供を作らない夫婦(夫婦二人)へ
スレッドテーマ [ ライフ … 生き方 ]
05/27 10:57 | 子なし専業主婦の理由 | CM:0 | TB:0
家計と将来設計
最近、保険を検討中。

保険も大きな買い物です。
必然的に、家計と人生設計について考えることに
なったわけですが・・・。

将来の見通し、これからの出費、今の生活。

お金ってやつは厄介だ・・・。

子なし夫婦なりに、将来のこと、万が一のこと、
考えなくちゃね。

某社で軽くライフプランニングをして頂きましたが、
この先すべて(昇給とか)が計画通りいったとしても、
子供なんて育てる経済的余裕はありませんでした(笑)

やっぱりねー(笑)


にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ にほんブログ村 家族ブログ 子供を作らない夫婦(夫婦二人)へ
スレッドテーマ [ 日記 … 日記 ]
05/26 13:20 | 子なし専業主婦の脳内 | CM:1 | TB:0
家族が入院するとやっぱり・・・?
家族の入院が長引いてしまい、
ブログの再開が遅くなりました。
申し訳ありません。

あー、でも、やっと一段落。
ホッとしました。

家族の入院や他界というタイミングで
「やっぱり家族を増やそう」と考える人もいると思いますが
私の場合は逆です。

家族、親戚が他界した時も、その直前も、
以前家族が入院したときも、今回も、
何故か「だから私は子供を産まない」と思えました。

子供を産むことよりも、
子なし夫婦や生涯独身の方専用の住居(またはコミュニティ)
を作ることを考えちゃいます。

これからの時代、需要はあると思うのよねぇ・・・。

どうしたら実現できるだろうか・・・・。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ にほんブログ村 家族ブログ 子供を作らない夫婦(夫婦二人)へ
スレッドテーマ [ 日記 … 日記 ]
05/25 09:53 | 子なし専業主婦の脳内 | CM:2 | TB:0
お知らせ
本日より約一週間半の間、ブログの更新を休ませて頂きます。

家族が入院するので、実家に帰るのです。
(予定通りの入院ですので、あまり深刻な事態ではありません)

コメントの承認も出来ません。
申し訳ありません。

なお、更新再開は21日ごろの予定です。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ にほんブログ村 家族ブログ 子供を作らない夫婦(夫婦二人)へ
スレッドテーマ [ 日記 … 日記 ]
05/10 10:30 | 子なし生活 | CM:3
ここは私の心を映す場所

道徳的に何が正しいのか、
人としてどのように考えれば良いのか、
人としてどのように動けば良いのか、

そんな理想的価値観とは関係なく心は「感じる」。


善と悪。
白と黒。
イエスとノー。

割り切れるほど人の心は単純じゃない。


自分の外側で何が肯定され、否定されるのか分かっていても
自分の内側に生まれる感情の存在を否定することはできない。

演技することはできても
無視はできない。



苦しい。

苦しいから声をあげる。

それは誰かを説得する為でも、
誰かを攻撃する為でもない。

痛みを感じて反射的に出た声だ。
自分を傷つけるものを心が捉えた証拠だ。



その声が真実だ。


自分が声をあげることで、
別の誰かが傷ついたとしても、
誰かが怒りを示してきたとしても、
自分の中の真実は変わらない。


もう、そう「感じて」しまったのだから。


矛盾していようが、
甘えだろうが、
正当化だろうが、
間違いだろうが、
マジョリティーじゃなかろうが、
常識はずれだろうが、


それが自分の偽らざる気持ち。


感じた通りを記すまで。


ここはその為の場所。
心のディスプレー。





他人の場所を侵害して
人の心を思い通りにしようとする人間達よ。


そんなにも自分の価値観に同意して欲しいのなら、
そんなにも自分の存在価値を確認したいなら、
そんなにも優越感を感じたいのなら、

自分の場所でやれば良い。


自分の心のディスプレーを別の場所に設置すれば良い。


負のエネルギーを増幅させるような方法をとらずとも、
もっと気持ちよく、もっと自分の望む形で
相手をしてもらえる可能性があるはずだ。


そこに自分の感じたままを綴れば良い。







ここは私の心を映す場所。

全ての人間を受け入れる場所ではない。
全ての意見に同意する場所ではない。





だから、ここは譲らない。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ にほんブログ村 家族ブログ 子供を作らない夫婦(夫婦二人)へ
スレッドテーマ [ 日記 … 日記 ]
05/08 17:52 | 子なし専業主婦の脳内 | CM:2 | TB:0
ほぼ予定通りでした
肉と炭水化物とジャンクフードを大量摂取しながら
過ぎ去った日々・・・。

早くも下半身に肉がぁぁ・・・!
分かってはいたけれど、早いわね。
ふふっ、反応が良過ぎる私の体ってば素敵(涙)

ま、無理もない(汗)
日常から抜け出す一番手軽な方法が「外食」であり、
「食べたいものを食べる」生活であるわけで。

旅行には行かなかったけれど、
楽をさせてもらったし、食欲を満たしてもらったし、
小さな夢の数々を実現してもらいました。

幸せだーー!!
旦那よ、素敵な思い出をありがとう!

もちろん、食べること意外もしましたよ。
ライブにに行き、買い物に行き、プラプラし、
ゴロゴロし、ゲームをし、録画番組を消化し、
DVD鑑賞をし・・・・

つまり、ほぼ予定通りでした(笑)

そして、ほぼ予定通りリフレッシュ!
こうした安定感が私を一番癒してくれるのです。



連休中、残念だったことと言えば、
一番外出していて欲しかった騒音源が
ずーっと在宅していたこと。
これがちょっと期待はずれでした。

いつもなら、いなくなるのに。
これも不況の影響か・・・。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ にほんブログ村 家族ブログ 子供を作らない夫婦(夫婦二人)へ
スレッドテーマ [ 日記 … 日記 ]
05/07 10:16 | 子なし生活 | CM:0 | TB:0
いよいよ明日から
明日から我が家も連休に突入します。

既にご存知だとは思いますが、
このブログは旦那に内緒で運営している為、
休日(旦那が休みの日)の更新はありません。

↑この項目を「このブログについて」に
加えておかなければなりませんね。

連休については既にお伝えした通り、
地元近くでダラダラモード。

新型インフルエンザのこともあるし、
人ごみを避けて過ごす我が家の予定に変更はなさそうです。

例年通りであれば、
周りのファミリー達がゴッソリいなくなるはず!

解体工事も丁度終わったところだし、
久々に静けさを満喫できそうで、嬉しいーー!!

それでは、皆様、しばしのお別れです(笑)

くれぐれも「毒」や「爆弾」にあたらぬよう、
お気をつけ下さいね。

では、では!



にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ にほんブログ村 家族ブログ 子供を作らない夫婦(夫婦二人)へ
スレッドテーマ [ 日記 … 日記 ]
05/01 11:13 | 子なし生活 | CM:3 | TB:0
Template Design by Akane*
Copyright © 2006 chamakin All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。