スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ にほんブログ村 家族ブログ 子供を作らない夫婦(夫婦二人)へ
--/-- --:-- | スポンサー広告
言ってみたい言葉
気がつけば「旦那の実家への帰省」という
子なし妻にとって一番憂鬱なイベントがすぐ目の前に
迫ってきている・・・。

孫の催促攻撃だけは、何度行っても慣れないわー。

旦那が毅然とした態度をとってくれれば良いのだが、
根が優しくホワワーンとしているので、
こんな時はまったく頼りにならない。
いくら事前に仕込んでもダメなので、もう期待はすまい(泣)

本音をぶちまけたいのはヤマヤマですが、
一応、上辺だけでも良い関係でいなくては、ね。

という訳で、
「なんとか諦めてもらえないかなぁ」と思い共に、今年も
頭の中で想定問答集をこしらえております(笑)
特にお義父さん対策は重要。

毎年毎年、破壊力のあるお言葉を投げかけられ、
何も言えなくなることがあるので、
事前の準備が必要なのですよ。
私、ヘタレなもので。

ちなみに・・・
私の中でセーフとアウトの境目の微妙なところにあり、
想定問答集に加えるべきか迷っているのはこれ。

「余所は余所、ウチはウチですよ、お義父さん」

こんな台詞、言ってみたい。
でも実際言ってしまったら空気が凍りそうで怖い(笑)


にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ にほんブログ村 家族ブログ 子供を作らない夫婦(夫婦二人)へ
スレッドテーマ [ 日記 … 日記 ]
12/08 11:52 | 子なし生活 | CM:14 | TB:0
こんにちわ~そうですよね、これは、永遠のテーマかも?
毎年、や~な、憂鬱な気分ですが、今年は私は、弟に子供
が生まれ、実家帰省が、憂鬱です。
子供がいない私には、もはや実家には、居場所がないって感じです。

弟の心ない暴言とか、過去に言われたいろいろなこと。
男性の方が、こういうデリケートな話題にナイフのように
スパッと、切ってきますよね。あ~おソロシヤ~です。

おたがい、がんばりましょうね。
強くならなきゃね~!



このコメントは管理人のみ閲覧できます
以前、お邪魔しましたまいです。
いきなりのグチメールで失礼しました(笑)

うちの両親・旦那の両親とも子供に関しては、一切なにもいいません。夫婦2人仲良くやっていけばいいじゃないって言ってくれますし。
言うのは・・友達や職場のオバさんたち。何はともあれ子供がいる事が幸せって思っている価値観の人たちに、そう思わないって言ってもわかってくれないので・・・・。面倒なので、そんな人たちとは付き合い避けてます。私のように子供はいらないと思ってるなら、また言ってるってスルーできるけど本当に子供が欲しくても出来ない人とかに早く作れって言うのって傷つきますよね・・><デリカシーのない人には困りものです・・・

お義父さんに言えるのは旦那さんしないないかと・・。
ガツンと一言、子供の話はやめてくれと!!って言ったら空気凍りますね・・(汗)

話はそれますが・・小さなお店のランチに行った時。テーブル席が5席ほどしかないお店の2席を子持ち主婦3人グループが陣取っていました。ベビーカーに1人。子供2人。
子供が食事にあきて店内を歩きだす・・・それでなくても狭いのに。いすにかけてる上着は落とすわ。走り回って騒がしいわ・・早々に店をでました。キー!!
こんな店にガキつれてくんじゃねーファミレスに行け!!って思った私。
意地悪でしょうか(笑)

>パンジーさん

そうですよね、女性のねちっこい説得も不快ですが、
男性の時代錯誤で無神経な言葉の方が
ダメージが大きいかもしれません・・・。

こんなことに傷つかない強い心が欲しい・・・。

頑張りましょう!!
>かねさん

その台詞(自分で・・・の方)、
私も言ってみたかったんですよー(笑)
こりゃ私の中では、最後の切り札かな!

後者の台詞もいいですねー!
いつも女の私ばかりが責められているんだし。
絶対それ以降は何も言われることはないでしょう(笑)
>まいさん

価値観の違いを認められない人は
とにかく避けるしか方法がないですね。
単なる「無知」という可能性もありますが、
どちらにしてもお近づきにはなりたくないです。

まいさんの仰るとおり、「産め、産め」という言葉には
子供が欲しくても出来ない人達の方が
深く傷ついているんだろうなぁ・・・。

もし私が「欲しくても出来ない」立場だったら
お義父さんの言葉なんて耐えられないだろうなぁ。
そう考えたら、今の自分はまだ幸せなのかもしれない・・?

そんな微妙な空気の中、
うちの旦那は、まーったく当てにならず(笑)
何も言ってくれなさ過ぎて困ります。
いつもはお義父さんが空気を凍らせてくれるので
たまには、こちらからも凍らせてみたいものですねぇ。

それから、ランチでの出来事の件。
まいさんは、ぜんぜん意地悪じゃないと思います。
「思った」だけで、そう発言した訳ではないし、
自らその場を立ち去った(譲った)なんて、むしろ
とーっても優しい!と思いますよ。
こんにちは。とても冷静かつ知的に言葉を選んで述べておられるご意見にいつも励まされています。以前、何か他の事を検索したのがきっかけでこちらにお邪魔するようになりました。
もうすぐ年末だなあ、とふと憂鬱になってお邪魔したら書き出しから共感してしまい、初めてコメントさせていただきます。

私はがんになってしまって、早期発見のお陰で今は大丈夫なのですが、治療の影響などもあり子供の事は考えていません。
がんになった時は「子供がいなくて不幸中の幸い」みたいに言う人がいて、いない私は死んでもいいってことかなあ、って思ってしまいました。
励ましなのかもしれないけど、人の言葉って難しいですね。

その後、いとこが子供二人を残して膵臓がんで亡くなったり、職場の元同僚がまだ赤ちゃんの娘さんを残して亡くなったりする出来事が続いて、その度に周囲で「お母さんはどんなに無念だろうか」「子供はどんなに寂しいだろうか」という話になり、それは当然の事なのですが、その話になると私としては身の置き所がありません。なぜお前は生きているのかと責められているようで。

夫は優しいのでそれだけが救いですが、やはりなかなか自分の親にガツンとは言えないようですよ(笑)。
破壊力のある言葉~(爆笑)!!
うちの場合は、義母ですね・・・・・
わたしに直接言われる分はいくらでも対応するんですが、実母に電話でいやみを言うのは勘弁して欲しい(涙)
まあ、この攻撃もあと数年かと思うのでしばらくの我慢かと。
あとは、あきらめてくれるかな・・・なんて。

新しいカテゴリーができたんですね!
いつも新鮮な情報ありがとうございます♪
いろいろ参考にさせていいただいてま~す(o^∇^o)ノ
私は両家の親に「子供は?」攻撃を受けたことが一度もありません。
もしかしたら「聞くな」オーラを出しているのかも知れませんが。
人に色々言ってくる人は、自分の今の人生が充実していないのではないでしょうか?
そんな人とは適当に距離を置き、時間が過ぎるのを待つこと。
子供が産めない年齢になれば、何も言わなくなるでしょう。
いや、そんな人は「産めるうちに子供産んでおけばよかったのに」って言ってくるかも?

>ヒサコさん

言葉って本当に難しいですね。

気持ちの波形を言葉を使って正確に表現するなんて
簡単に出来ることではありません。
ちょっとした表現の違いが誤解を生むことも
あります。

また、相手の気持ちを完璧に読むことも出来ません。
受け取り手の精神状態次第で言葉の印象が変わる
という事もあります。

コメントにあった会話ですが、
ヒサコさんを責めている訳ではないと思います。
その会話のあった状況は解りませんが、たぶん、
現実を案じる言葉だったんだと思いますよ。

子供の世話をしながらの闘病は
ご本人にも、家族にも、親族にも、経済的にも
負担になるのが現実ではないでしょうか?
そういう人よりも、精神的、経済的不安が少なく
治療に専念できたヒサコさんの状況は
「幸い」だったのではないでしょうか?
「ラッキーだった」と前向きに捉えてほしい、
そういう意味だと思います。

それから、
子供を遺して亡くなられた方についての会話は
あくまでも、死の先にある親子の気持ちを
語ったものと感じました。
私自身、父をがんで亡くしていますが、実際
父は無念だったと思いますし、
私も父を亡くして寂しかった。
そんな人間として想定しうる当たり前の感情が
その会話すべてですよ。きっと。

ヒサコさんへの責めはありませんよ。

大丈夫!
命の尊さは、子供の有無で変化するものでは
ありません。

子なしでいると周りに生き方を否定されることが
多いですから、ちょっとした言葉に
心の拒絶反応が強く出てしまったのかもしれません。

私の義父が投げかけてくる言葉も、実は
他の人にしてみれば、何も感じない、
普通の会話なのかもしれません(笑)
私が過敏になっているだけなのかも。

ウチの旦那がフォローしてくれないのも
そういう訳なのか・・・??

>Hicoroさん

自分だけなら我慢もできますが、
実のお母様にいやみ、とは
なんとも耐え難いですね。

平和が訪れることを祈りながら
ひたすら時の過ぎるのを待つしかない・・・!

が、いつまで私の忍耐力が持つかしらー(笑)
いつか爆弾投下しちゃいそうで、自分が怖い。
>コスモスさん

「人に色々言ってくる人は、自分の今の人生が充実していないのではないでしょうか?」

うーむ、その通りかもしれませんね。
それを人のせいにしたいのかもしれないです。
そうやって違う価値観を否定して
自分の人生を肯定したいんだろうなぁ。

>chamakinさん
 すみません、なんだか暗くなるような事を書いてしまったのにご丁寧なコメントをありがとうございます。
 がんが原因で産めなくなったわけではなく元から子供は欲しくなかったので、受け取る私の方に負い目があってマイナスに受け取ってしまうのかもしれませんね。コスモスさんのおっしゃるように最近は「産めるうちに産んでおけばよかったのに」と言われています(笑)。

 今は落ち着いていても再発の不安からは逃れられないので、患者さんの交流会なども勧められるのですが、調べてみると歳の近い女性のグループは「子供のために頑張ろう」「子供が居るから頑張れる」というスタンスで、やっぱり参加を躊躇してしまいます。
 でもこちらでお話し出来て少しすっきりしました。またお邪魔させて下さい。
>ヒサコさん

子供を持たないことを決めたのは、結果ではなく、
「前向きな選択」だったのですね!!

それなら、なおのこと、
自分自身の幸せを追求するのを諦めないで下さいね!!
その幸せが人とは違うものでも、気にしない、気にしない!
誰のものでもない、あなたの人生なんですから。

・・・とか、偉そうな事言いつつ
私も心が折れそうになる時があります(笑)ので
こんなことを言っていられるのは今だけです(笑)
私が凹んでいる時は、逆に慰めてやってくださいね!

ここは、言わば「子なし交流会」みたいなものです。
普通の人には言えない本音を発散し、
お互いを励ましあう場所です。
何か心に溜まるものがあったら、
またコメントしに来て下さい。お待ちしています。

お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
* 諸事情により、現在、レス(返信)は行っておりません
* コメントは承認後に表示されます
* 初めてコメントされる方は、
「このブログについて」を必ずお読み下さい
* 批判コメントを送信しようとしている方。コチラをお読み下さい
* 入力内容確認画面で非公開コメントに設定することが出来ます
http://chamakin.blog118.fc2.com/tb.php/345-a031b125
* トラックバック *
Template Design by Akane*
Copyright © 2006 chamakin All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。