スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ にほんブログ村 家族ブログ 子供を作らない夫婦(夫婦二人)へ
--/-- --:-- | スポンサー広告
がんの予防治療
今日はYahoo!(ナイツの影響でヤホーと読みたくなる)
で、とても興味深い記事を見つけました。
AERAからの転載記事です。

「両胸切除し乳がんを予防(AERA)」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20090113-00000003-aera-int
リンクは貼っておきますが、いつまで公開されているかは
わかりませんのでお早めにどうぞ。

乳がんや卵巣がんの5~10%は、
遺伝が関係すると言われており、
アメリカなどでは、遺伝子変異の有無を見つけ
発症前に乳房や卵巣を切除する予防治療が
広がっているそうです。

日本では、このような遺伝子検査を受けられる施設が
まだ15ヶ所しかなく、
さらに、医師の理解不足、保険が利かない、
遺伝子カウンセルに時間がかかる、など
この検査や予防治療が一般的になるまでには
様々な壁があるようです。

現在、国内で最もこの検査に力を入れている某病院でも
検査の結果、遺伝子変異が見つかっても
予防的切除は行わず、検査を欠かさないよう患者に求める
だけなんですって!!
(すべて自費で賄えれば別みたいですが。)

それじゃ、患者は「いつ発症するんだろう?」という不安を
ずっと抱えて生きていかなきゃいけない。
一体その後の人生をどんな気持ちで
生きていけばいいんでしょうね。
予防できなければ意味が無いんじゃ・・・?

実は私の姉は現在乳がんの闘病中です。
姉は自分が乳がんの宣告を受けたときに、
私にも検査を受けることを勧めてくれました。

後日、乳がん検診を受けた私。
結果、複数の「のう胞」と両性のしこり(繊維腺腫)が
見つかりました。
医師には、姉が若年性乳がんであることも考慮し、
「今後、半年に一度は検診に来るように」と言われました。

今回は乳がんに直結する結果ではなかったけれど、
100%安心できる結果でもなく、ぶっちゃけ、
心配材料は増えました。

だから上の記事は、他人事に思えなかったんですよ。
予防治療とは画期的!と喜んだのもつかの間、
日本の現状を知って驚きました。

早く、治療の選択肢が広がって欲しいです。

それよりも、まずは乳がん検診や子宮ガン検診自体を
身近にすることのが先なのかもしれないですけど。
この国の場合は。

市区町村で行っている乳がん検診や子宮ガン検診は
年齢制限が高すぎる!!会社員の扶養者の健康診断でも
年齢制限があって、私は両方自腹切って検査を受けています。

二十歳ぐらいから低価格で受けられるようになれば
もっと多くの命を救えると思うんですけどね。

ま、文句だけ言ってもしょうがない。
変化には時間がかかりそうです。

今はまだお金もかかるし、色々と面倒なことが多いですが、
今まで一度も乳がん検診、子宮ガン検診を受けたことが
無い方はこれを機会に勇気を出して一歩踏み出して下さい!
周りの家族の為にも、自分の為にも、
是非、検診を受けてみてくださいね!!

実際にがんになったら、費用や精神的負担は
検診の比じゃないですよ。

あと、乳がん検診に関しては
「マンモさえ受ければ大丈夫」と言うような
誤解もあるように思います。

若い人はマンモグラフィーを撮っても
乳腺が発達していて、全体的に白く写ってしまい、
そこから詳しい情報を得ることは難しいのだそうです。
必ず、超音波検査も同時に受けてくださいね。

・・・という訳で、
本日はやや暴走気味に終わります(笑)


にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ にほんブログ村 家族ブログ 子供を作らない夫婦(夫婦二人)へ
スレッドテーマ [ 日記 … 日記 ]
01/14 14:01 | 子なし生活 | CM:8 | TB:0
こんにちは!
記事を読んで、偶然私の今日の日記に通じる所があったので
勝手ながら、追記のところに書かせて頂きました。
事後承諾でスイマセン(汗)

私の母も子宮癌でした。幸い切除することで何とか命も助かり、
未だに転移も無く元気に過ごしていますが・・・。

私にも遺伝がある可能性があるわけで、出来れば切除したい気持ちです。
不妊治療で、薬着けになった子宮だし・・・。
1年に1度は必ず、子宮癌と乳癌の検診に行ってます。
日本の医療が、もう一歩・・・踏み込んでくれたらと
私も思いました。
お姉さん・・・お大事に。治療頑張って下さいね。
これは考えさせられるお話ですね。

私は1年半前に初めて乳がんと子宮がんの検診を受けました。
たまたま会社の健診に含まれていて受けることができました。
そのときに私も「のう胞」がみつかりました。
今は仕事を辞めてしまったので個人で受けなくてはいけません。
自治体の検診は40歳以上なんです。
しかも2年に1回なんですよ。
うちは国保なので1年でウン十万もバカ高い保険料を払ってるのに。。。

がん予防出来ず、こまめに検診を受けなくてはいけないのに、
自己負担しろなんて。

でも文句言っててもしょうがないですよね。
今年は自費で受けたいと思います!
お姉さまは若くして乳がんと戦っているのですね。
本人だけでなく家族も辛い日々だと思いますが、病気に負けないで下さいね。

私は市の子宮がん検診は受けているのですが、乳がん検診はまだ受けていません。
マンモグラフィーの対象年齢が40歳からなので、その年になったら受けようと思っています。
年齢的に人間ドッグなども受けたほうがいいのでしょうが、金額と煩わしさから躊躇してしまいます。
若い時「健康が一番よ」って年配の人に言われてもよく分からなかったけど、その言葉の意味が分かる年齢になってきました。


>ポルカさん

お母様、お元気でなによりです!

がんは、宣告された本人が一番大変だと思いますが、
支える家族の方もかなり大変ですよね。

その苦労や悲しみを旦那や実家の家族に
味わわせたくない、という思いから私もガン検診を
欠かさないようにしています。

もし、アメリカの例のような選択肢があるのなら
私も切除手術を受けたいなぁ。
変な「偽善」に阻まれている気がしてならない。

もっと「生きる」ことに目を向けた医療が
発展することを祈るばかりです。

それから、追記の件は気にしないで下さい(笑)
そもそもYahoo!の記事が元ですもの。

>かねさん

自治体の検診は年齢制限が高すぎますよねー(怒)
若年性の乳がん患者は、見殺しかい!!

検診料もばかならないけど、
命には代えられないですものね。
私も自腹です(泣)くそーぅ!

>コスモスさん

励ましの言葉をありがとうございます。

乳がん検診ですが、自治体の検診を待たずに
一度受けておいた方が安心ですよ。
私も姉の宣告があるまでは、親戚中に乳がんの人もいないし
「大丈夫だろう」とたかをくくっていたのですが、
上記のような状況でした。

検査料は自費になると思いますが、
是非「安心料」だと思って受診されることを
おすすめします!!
ちゃんと、超音波検査もついているところを
選んでくださいね。

乳がんは早期発見が重要な病ですから。

こんな時こそ経験者として皆さんのお役に立つ情報をなにかお伝えすべきなのですが、自分もまだ不安と迷いの中にあるのでなかなか難しいです。
本当に、子供もいないのに生きてる意味はあるのかという、こちらにお邪魔している自分の根本的な迷いに日々とらわれている始末なので(笑)。

ただ、chamakinさんのおっしゃる通り、早期発見さえ出来ればがんは即、死を考えなければならない病ではないと思います。
私のように何年も普通に生活している人間もいます。抗がん剤を打っている時も打ったあと1週間くらいたまに吐き気があり何も食べなくてもいいやという気になる程度で、髪は薄くなりましたが帽子で隠すほどの外見への影響はありませんでした。ドラマなどでは感動を呼ぶためかとにかくひどい苦しみのシーンが多いですけど、薬の種類や人それぞれだと思います。
糖尿病や高血圧など、他の病気を持っていないことも大事なようです。

その後リンパ浮腫のような後遺症もありませんし、飲み薬で特に大きな副作用も感じません。ホルモンに関わる薬なのでかなり太りましたが身長があるのでまだ肥満にまでは至っていません。

どうしてもお金はかかるので、私は支払いが大変だと感じながらも生命保険に入っていたのが病気をした時に助かりました。
私はもう病歴のせいで変更が出来ないのですが、子供がいない、つくるつもりがない、とはっきりしていたら、あとに残す死亡保険より、入院・手術などの保障を充実したほうが良さそうです。
毎年の検査も1回数万円単位なのでけっこうな負担です。

小さな痛み、かゆみのような、とるに足りないような違和感でも、もし自分の体のことでなにか気になったら是非検査を受けられたら良いと思います。なんでもなかったらそれで安心出来るのですから。

chamakinさん、お姉様のご快復心からお祈りします。どうぞお大事に。
>ヒサコさん

ありがとうございます。
やっぱり経験者の言葉の重みは違いますね。
大切なことを沢山伝えていただき、感謝!です。

確かに、保険も大事な自己防衛手段の一つですよね。
父の時もそうでしたが、姉も、ガン保険に入っていたので
かなり金銭的な不安が軽減されました。
治療には本当にお金がかかるんですよね!

そして、やっぱり、ヒサコさんのコメントにもあるように、
検査を受けることをためらわないこと!
これ、大事ですよね。
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
* 諸事情により、現在、レス(返信)は行っておりません
* コメントは承認後に表示されます
* 初めてコメントされる方は、
「このブログについて」を必ずお読み下さい
* 批判コメントを送信しようとしている方。コチラをお読み下さい
* 入力内容確認画面で非公開コメントに設定することが出来ます
http://chamakin.blog118.fc2.com/tb.php/362-c7a627d6
* トラックバック *
Template Design by Akane*
Copyright © 2006 chamakin All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。