スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ にほんブログ村 家族ブログ 子供を作らない夫婦(夫婦二人)へ
--/-- --:-- | スポンサー広告
意見の不一致
子供が欲しくない自分と子供が欲しい旦那(&姑)。
子供について意見の不一致で悩むみゅううさんから
コメントを頂きました。

「こういう時ってどうやって私が子供ほしくない事を
協力してもらえたらいいのでしょうね?
もしよいアドバイスありましたら教えて下さい」

とのことですが・・・・


難しいですねぇ。





たぶん、
旦那様と「とことん話し合う」しか無いと思います。



なぜ自分が子供を欲しいと思わないのか、
子供を産んだら自分はどうなると予想されるのか、
子供がいることで予想される生活(育児、夫婦関係、生活態度)
子供がいないことで予想される生活
自分は何を優先したいのか、
自分が何に悩んでいるのか、
自分の希望とパートナーに対しての気持ち、
何のための結婚なのか、
命の価値(何の為に、誰の為に産むのか?)
経済的な問題(具体的な数字)、
理想の生活(自分が考える幸せとは何か)、
理想の老後(子供がいれば安心なのか)、
一般的な価値観と自分の価値観のズレ、
自分の覚悟、
お互い意見が変わった場合、
どこまでは妥協できるけど、どこまでは妥協できないのか、

・・・・etc.


堂々巡りでも、支離滅裂でも、感情的でも、
とにかく言葉にして伝えるしかないと思います。

話し合いの中では自分の本気度も試されます。
本当に「子なし」で良いのか、
それは本当に自分の意見なのか、
もう一度よく考えてみてください。

「たとえ旦那と別れることになっても、これだけは譲れない」
と言えますか?

旦那様の同意が得られてしまえば
お姑さんや、他の親戚などの無責任な発言については
(ものすごく不愉快でストレスが溜まりますが)
なんとか乗り越えられると思いますので、
まずは夫婦の間で問題を解決してみて下さい。


ちなみに・・・私が子なしを選んだ理由は
このブログの「子なし専業主婦の理由」という
カテゴリーにまとめてありますのでご参考までに・・・。

あと、経済面で具体的な数字をあげたい場合は
ファイナンシャルプランナーに相談してみるという手も
あると思います。かなり現実的な数字が出ます(涙)
最近、我が家もFPと共に人生設計を行ってみたところ
自分達の理想の生活を送るなら、
とてもじゃないが子供なんて育てる余裕が無いことが判明。
ふふふ・・・・。ははは・・・・。(勝ち誇り)


人の意見を変えることは簡単な事ではありません。
特に「人生観」は、そうそう変わりません。
時間をかけて、じっくり話し合ってくださいね。




私が言えるのはこんなことぐらいです・・・
申し訳ない!!


みゅううさんと同じような境遇だった方、
今も同じことでお悩み中の方、
うまい方法を思いついた方、
悩める子羊を勇気付けたい方、
いらっしゃいましたらコメントをお願いします!!



にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ にほんブログ村 家族ブログ 子供を作らない夫婦(夫婦二人)へ
スレッドテーマ [ ライフ … 生き方 ]
06/09 12:59 | 子なし専業主婦の脳内 | CM:6 | TB:0
私とは逆の立場ですね、私は主人に説得されて子無を選択しましたので。
説得されたときに、金銭面のことをまず言われました。
親に介護が必要になったときのことを想定したり、主人が不慮の事故などで稼げなくなったり、健康に産まれてこなかったり…あげればキリがありませんが。
それから、日本の教育の実態です(主人の友人は教師だらけ)。教育どころか、親の躾もままならない輩の中に、自分の子供を共存させることはできない…と。自分の子供がかわいいと思うからこそ。
あと、日本の将来への不安。主人も私も、老後の年金はいただけないものと思ってがんばって貯金しております。雀の涙ですが。
○ートたけしさんも、「頭のいい人たちは、子供を産まなくなるだろう」と書いておられました。でしょうね。
でも私は、最初は戸惑いましたので、主人の親に「子供がいてよかったと思うこと」を聞いてみましたが、え?そんだけ?というような答えが返ってきました。
大変長くなりましたが、今、子供がいなくて良かったと日々思います。主人に感謝です。
何の参考にもなりませんでしたね<m(__)m>


私のダンナも以前は子供が欲しいと言っていました。
でも、私が気持ちを折りにつけ言い続けた今は、欲しいとは思わないそうです。
実際、親の介護でそれどころじゃありませんでしたけど。
私は、それでも欲しいと言われたら、別れる覚悟でいました。それが通じたのかも知れません。
今は、人からも「仲良くていいわね~」と言われるくらい仲良くやってますよ(^^a
ちゃんと分かり合う努力をすることは、長く一緒に暮らすために必要です。
子供のことは良いきっかけと思って、話し合うといいと思います。
上から目線みたいに感じられたら、ごめんなんさい。
こんばんわ。我が家は、こなしでいいとか、子どもつくろうとか、お互い、ほとんど話したことないんです。
ただ、夫は毎月のお給料を使いたいだけ使う人。こんな状況では、こどもがいたら生活していけません。
私は、もともと、なんで、ほしくないのか、本当のところよくわからないんですが、母が「子どもなんかうむんじゃなかった」と、毎日毎日、言っていたので、自然と、「子どもなんか、いらない」と、頭にすりこみされていたような気がします。なので、我が家は、子どもがいらない私と、お金を使いたい放題の夫なんで、利害一致と、いうわけです。でも本当は、夫は、子ども、ほしいと、おもいますが・・

老後のことは、子どもがいてもあてにならないし(母の教えです)お金があれば、それで解決できるとおもっています
うちも、姑は、まごまごと、うるさい人ですが、でも、育てるのは、自分、きちんと育てる自信がないし、申し訳ないですが、今に至ります。

私の場合・・・たぶん、母親がいけないのだと、思います。
一回でもいいから「生んでよかった」と、言ってもらえたら
こんなふうにはなりませんでした。なので、こどもがいなくても後悔はしていません

私もパンジーさんのコメントとほぼ同じです。

ただ、私の場合は父親がそうでした。私が父にとって気に入らない事をすると「お前の顔なんて見たくないからこの部屋から出て行け」とか両親の喧嘩の原因はほとんど子育てについてで「こいつ(私)の出来が悪いのはおまえのせいだ」など母をなじる言葉を聞かされ続けました。

もちろん主人はそんな事を言うとは思えませんが、父の血を受け継いでる自分が言いそうで怖いんです。

母の子供に生まれた事は幸せだったといえますが、父のことは育ててもらった恩はありますが、許せません。
こんにちは(^^)久しぶりにコメント書かせていただきます。
あ~、このテーマにつきましては、私もかなり悩んだ時期がありました・・・
こんなに悩むなら、いっそ40代半ば~50代くらいで結婚すればよかった、なんて思ったり・・・(苦笑)
主人は、特別子供好きというわけではないですが「自分の子供だったら可愛いかな~」というようなことを時々言うことがあって、その度に、私の中で罪悪感がわいてしまってました。(私が子供を望まないことは以前から感じとっていたと思います)
私は、子供の頃から、近所の子供たちや幼稚園、小学校の時の同級生と遊ぶのがすごく嫌いで、常に「やってらんねえ」という気持ちで過ごしていました。
子供の時から子供特有の空気に馴染めなかったです。
当然、「いじめ」「仲間外れ」の対象でした。
おそらく、その頃から、自分が将来結婚することになっても子供は生まないだろう、と思っていたような気がします。
両親から特別可愛がられたというわけではないけど、それなりに愛情は与えてもらっていたと思うのですが・・・
どうしてこんな冷めた人間になってしまったのか今でも不思議です(苦笑)
こういう私なので、子供を産んだとしてもいい母親になれる自信がない・・・というのがいちばんの理由でしょうか。
やはり子供嫌いなんですね、私。
ママ友の付き合いなんて絶対したくない、ってのも理由の一つですが(苦笑)

まとまりのないコメントでスミマセン。。(^^ゞ
やはり、周りからどう言われようと、自分の気持ちを第一に考えることが大切だと思います。

夫婦で意見の違いがあると苦しいですよね。
結婚当初、主人は子供はあまり欲しくなかったようで「2~3年経ってから考える」って言っていました。
私は欲しかったのですが、3年後私が体調を壊し子供を作る気にはなれず、周りの友人に子育ての大変さを何度も聞かされているうちに、私も「子供はいらない」って思うようになりました。
ご主人に子供が出来たときの大変さ(金銭面や時間的な余裕がなくなることなど)を折に触れ話していくのはどうでしょうか?
結婚して何年も経つと、夫婦二人の生活のリズムが出来て、子供が必要ないって思うようになることもあるので、長期戦で頑張ってみてはどうですか?

あまり参考にならなくて、すみません。


お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
* 諸事情により、現在、レス(返信)は行っておりません
* コメントは承認後に表示されます
* 初めてコメントされる方は、
「このブログについて」を必ずお読み下さい
* 批判コメントを送信しようとしている方。コチラをお読み下さい
* 入力内容確認画面で非公開コメントに設定することが出来ます
http://chamakin.blog118.fc2.com/tb.php/452-863c448d
* トラックバック *
Template Design by Akane*
Copyright © 2006 chamakin All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。