スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ にほんブログ村 家族ブログ 子供を作らない夫婦(夫婦二人)へ
--/-- --:-- | スポンサー広告
民主党の「子なし専業主婦増税」マニフェスト

「子供なし夫婦 妻が専業主婦負担増」という
民主党のマニフェスト。このブログにも、
すでに怒りのコメントが寄せられていますね。

ネット上でも、子なし、子ありに関わらず
賛否両論あるみたいです。




これは少子化に歯止めをかけるための政策でもなければ
本気で国民を援助しようとしている政策でもない。

それは、

子なし夫婦でも共働きなら増税はない
(=子供のあり、なしには関係ない)ことと、

子供手当ての対象が15歳まで
(=結局子供が16歳以上になったら一番お金のかかる時に
手当て廃止で、専業主婦は増税対象となる。その後も
65歳まで課税対象になり続ける。
子供を産んでも専業主婦なら結局後から金を払うハメに)

という二点を見ても明らかですね。


結局バラマキ。票と金の確保。


もう、これは目先の選挙だけを考えた
人気取りマニフェストでしかない。


「専業主婦もとにかく働いて税金さえ納めれば良い
と言われているみたいだけど、
そもそも仕事はあるのかい??

それにね、専業主婦をしている理由も様々よ?

子供が欲しくても授かれない人、
病気療養中の人、自宅介護の人、保育所待ちの人が
どれだけいると思ってるの?

専業主婦を一掃して困るのは誰よ?
お金にならない労働というものを知らないのか?

私自身の事で言えば、
裕福な暮らしをする為だけに子なしを選んだわけではないし
フリーライダーになる為だけに子なしを選んだわけではない。
ラクする為だけに専業主婦しているわけでもないです。





優先順位が違うんです。

大切なのは命なんです。守りたい命があるんです。
人生の質と収入のバランスです。





一方で、社会的弱者の保護や教育、医療に対する
財源はどこかが負うべきなのは理解できます。
そうしなければ社会が崩壊してしまいます。

しかし、こんな増税を実現させるつもりなら
「子なし差別の撤廃」を同時に実現していただかねば
納得いかないですよ。負担だけ?冗談じゃない!

それから、
子なし夫婦に対する課税で財源確保する前に、
もっと国側の努力を示してほしいところです。
はぶける無駄をはぶいてから、が筋でしょう。

住みよい国を作ることは大事だと思いますが、
それは「まず人間ありき」。
「国ありき」「金ありき」で考えられてもね・・・
逆だと思いますが?

その発想が今の状況を招いたこと、
そろそろ気づいて欲しいです。

結局、こちらの党もあちらの党も同じですね。






今回の事で改めて思い知らされました。
「命は大切なもの」なんて大嘘なんだなー、と。

人間は金づるでしかない。
命が、ただの数字扱い。

自分が生きている意味すら分からなくなります。
「私は死んだ方が旦那の為であり、社会の為なのかもー」
なんて(苦笑)

ますますゲンナリです。
産む気ゼロからマイナスに転落です。


あー、私の子供(仮想)はこんな世の中に生まれなくて
良かったねぇー。よしよし。


これから生まれてくる子供達、そして今の子供達、
信じられないかもしれないけど
本当は「命は大事」なはずなんだよ。たぶん。
できれば、そこに悩まないまま生きていけるといいね。
健闘を祈ります・・・・。good luck!


にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ にほんブログ村 家族ブログ 子供を作らない夫婦(夫婦二人)へ
スレッドテーマ [ ライフ … 日記 ]
07/22 11:50 | 子なし専業主婦の脳内 | CM:6 | TB:0
こんにちは。
さっそくこのことを取り上げてくださってうれしいです。
今回かなり民主党に期待していたのですが、この件だけで一気に気持がダウンしました・・・。
安直すぎですよね。
さっそく民主党のHPのご意見のところに、意見を思いっきり書き込んできました。黙っていたらよけいに無視されてしまうとおもうので。
それにしても、本当にこの国の行く末には期待できなくなる一方です。
こんにちは!

私もはじめこのニュースを知ったときは、椅子から転げ落ちそうになりました。

まるで子なしを『規格外の人間』とでも言いたいような印象を受けます。住宅や物と一緒ですね、規格や標準からはずれたものは高くつくんでしょうか。

子供という金づるを産めない(産まない)のなら、働いて税金納めろーーーーっ!! さもないとマトモな国民と認めないぞ!・・・恐ろしい世の中になりそうな予感がします。

ただでさえ、『子供は社会全体で育てていくべき』と子供の
いる親や、教育関連の団体が声高に叫んでいます。この『べき』という表現に問題ありと常々違和感を持っていました。

そこへ来てコレです!
chamakinさんや皆さんもやはりこの件はスルーできなかったようですね。

話しは変りますが、アンケート集計お疲れさまでした。
サークル実現までは少し時間がかかりそうですね、何かよいアイデアがあって、皆さんと楽しく交流できたら嬉しいです。


こんにちは~。

chamakinさんの記事を読んで詳しい
内容が分かりました。ありがとうございます。

で、、さらに。。。怒りUP!!失望UP!!
「子供いないからお金かかんないでしょ?」
「子供いないなら働いたらいいでしょ?」
て考えがあるから扶養控除撤廃なんて考えが
でてくるんですよ。

お金のことも大事ですが、何より民主党政権になって
「ソレこどもだこどもだ~♪産めや産めや~」みたいな風潮になるのが怖いです。。ただでさえ肩身が狭いのに
ますます狭くなりそうな・・・
それに政府が生き方の価値観を作ってしまうような
(子供至上主義)ことがこの現代において
許されていいのでしょうか。
いろんな価値観があってそれを批判しあうのではなく
相互理解相互享受できるような、そんな世の中になってほしいのに。

あと辛いのは、子供のいる友達はやっぱり民主バンザイ
なんですよね。そうなるのは当然ですよね。
でも私としてはとっても複雑・・・
そういう気まずさや不公平を産む政策をしていて何が「友愛」なんでしょうね!!

子供手当はいいことだと思います。だけどそれを子供のいない家庭から財政確保するなんておかしいと思います。
徹底的に無駄を省いてそれでもなお足りないのであれば
消費税を上げてほしいです。
(民主は消費税UP反対ですよね、結局勝つためにいい顔
したいだけなんですよね)
私も一度政権交代を…と思っていましたが、選択に苦慮しそうです。

私がいつも違和感を感じるのは、老人や子育て世帯が弱者だという考えを政治家が持っていることです。
日本の貯蓄のほとんどは老人が所有しているのが現実であって、老人=弱者ではないのです。

子育て世帯も同様で、例えば夫婦二人で世帯年収400万円と夫婦と子供一人で世帯年収600万円であれば、生活水準は後者の方が裕福なはずです。
子供がいるいない、老人であるか若者であるかではなく、年収の高い人や財産を所有している人から多く、後は消費税で国民全体で負担するようにして欲しいです。

26000円を給付してそれが本当に子育てのために使われるのかどうか…親が遊ぶためのお金になってたりして。

最後に嫌味をひと言(ごめんなさいね)
子供をどんどん増やせというのであれば、産んだ後しっかり躾をして教育し、立派な大人にして下さいね。
この度のマニフェストをみて愕然としました。

子供がいる人>子なし、という考え方に見えるのですが。

現代はそういう価値観だけではどうしようもなく、様々な価値観があるので、国を代表する政治家であるなら、それらを認めた上で政策を打ち出すべきだと思います。

こういう事を国家が決めてもいいものなのかな、と正直イカンに思います。チェルノブイリの孤児たちの件を知らないのでしょうか?子供を産めよ、増やせよ、と激励した挙句、孤児が増えました。実際に子供がいる人にはお金あげるよ、と言っていますが、無責任な人がドンドン産んで、増やしていくだけだと思います。子供を産みにくい様々な理由が複雑に絡んで少子化になっているのだし、ちょっと単純すぎる。保育園の整備、教育者の養成、不妊治療を保険に入れる、産科を充実させるなど、もっともっとしなければいけない事はあると思います。

それらがキチンと整備されない限り、国家が他の市民を犠牲にしてまでも手を出す政策ではないと思います。










このコメントは管理者の承認待ちです
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
* 諸事情により、現在、レス(返信)は行っておりません
* コメントは承認後に表示されます
* 初めてコメントされる方は、
「このブログについて」を必ずお読み下さい
* 批判コメントを送信しようとしている方。コチラをお読み下さい
* 入力内容確認画面で非公開コメントに設定することが出来ます
http://chamakin.blog118.fc2.com/tb.php/482-e10cf58f
* トラックバック *
Template Design by Akane*
Copyright © 2006 chamakin All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。