スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ にほんブログ村 家族ブログ 子供を作らない夫婦(夫婦二人)へ
--/-- --:-- | スポンサー広告
「死にカタログ」寄藤文平
8月は、人の死について考えることが多い月ですね。
皆さんはどんな死生観をお持ちですか?

死について考えるとき、私が思い出すのはこの本。

「死にカタログ」


INDEX

はじめに
1,死のカタチ
2,死のタイミング
3,死の場所
4,死の理由
5,死のものがたり
おわりに

死という言葉から暗くて真面目な本をご想像されるでしょうが、
文章は殆どありません。「カタログ」というタイトル通り
イラストがメインの本で、くすっと笑えます。

著者はJTの広告「大人たばこ養成講座」を描いた人です。

国や宗教別の死生観、有名人の人生における死など
色々な死の解釈が分かりやすく描かれていますよ。

イラストがほのぼのしているので、
眉間にシワを寄せながらではなく、
口元に笑みを浮かべながら死を考えることができる、
今までにない本だと思います。

「人間は年をとったら死ぬものだ」と思っている人、
「死ぬのは怖い」と思っている人、
「死についてなるべく考えたくない」と思っている人。
そんな人々に是非、是非、読んで頂きたいです。

こんなに薦めておいて私も立ち読みしただけなのですが(笑)
逆に言えば、それだけサラリと読めてしまう本という事です。

皆、いつかは死ぬ。
それなのに、死についての真実は誰も知らない。

だから、死をどう受け入れるかは自分次第。

もし、日本の「死のイメージ」が自分に合わないなら、
この本の中から新しい「死」の形を探してみるのも
面白いかもしれませんよ。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ にほんブログ村 家族ブログ 子供を作らない夫婦(夫婦二人)へ
スレッドテーマ [ 本・雑誌 … 紹介したい本 ]
08/19 11:52 |  | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
* 諸事情により、現在、レス(返信)は行っておりません
* コメントは承認後に表示されます
* 初めてコメントされる方は、
「このブログについて」を必ずお読み下さい
* 批判コメントを送信しようとしている方。コチラをお読み下さい
* 入力内容確認画面で非公開コメントに設定することが出来ます
http://chamakin.blog118.fc2.com/tb.php/500-a6d78b1d
* トラックバック *
Template Design by Akane*
Copyright © 2006 chamakin All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。