スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ にほんブログ村 家族ブログ 子供を作らない夫婦(夫婦二人)へ
--/-- --:-- | スポンサー広告
子なしだからこそ、マイホーム「購入」
住居に関して
「一生賃貸」ではなく
「マイホーム購入」を決めたのは、
私達が子なし夫婦だからです。

以前にもご紹介したコチラの本によると↓


「家を買おうかな」と思ったときにまず読む本

2つの条件をクリアー出来る人なら「一生賃貸」でも
OKだとされています。

条件1)連帯保証人が確保できるか
条件2)ずっと家賃を払っていけるかどうか

どちらにしても、年をとった時が困り時になりそうです。
そして、この条件を私達夫婦はクリアー出来そうにも
ありませんでした。故に「一生賃貸」という選択肢は
自分達向きではないと判断しました。


1)連帯保証人が確保できるか

子なしの私達夫婦が年をとった時、
連帯保証人になれそうな人物がいません。
私の身内に子供はゼロで、
旦那の身内(義姉)の娘2人だけです。

姪に連帯保証人になってもらうことを期待して
暮らしていくなんて出来ません。

また連帯保証人なしで「一生賃貸」するには
・URなど連帯保証人なしで借りられる物件を選ぶ
(住まいの条件を譲歩せざるをえない可能性が)
・家賃専門の保証会社を利用する
(負担増、全ての物件で利用できず)
といった方法があるようですが、どちらも
自ら進んで「選びたい」方法とは思えませんでした。



2)ずっと家賃を払っていけるかどうか

年金は期待できず、退職金も期待出来ず、
支出は増える一方・・・のこの時代。
賃貸物件を借りるのにもお金は必要。
安い物件に引っ越すにしてもお金が必要。(連帯保証人も)
収入がなくなった時に家賃支出が変わらないのは
不安です。



また、
本で挙げられていた上記「2つの条件」の他に、
私が専業主婦だからこそ「夫が死亡した場合」の
住居の確保は重要でした。

もちろん、子供がいない夫婦の片方が亡くなった場合
配偶者が全てを相続するわけではないですが、
マイホームを購入しておけば(相手の家族にもよるけれど)
いきなりホームレスになるような事はないですよね。
たぶん。(子供がいない妻の法定相続分についてはコチラ

↑遺言さえ残しておけば、もっと安心でしょうが
私と違って近い身内の死を経験していない旦那は
その重要性を理解してくれないの(ノД`)シクシク



そんな訳で、まとめ。

子なし夫婦で、私が専業主婦だからこそ「購入」なんです!


にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ にほんブログ村 家族ブログ 子供を作らない夫婦(夫婦二人)へ
スレッドテーマ [ ライフ … 住宅・不動産 ]
01/19 12:58 | 子なしマイホームへの道 | CM:7 | TB:0
このコメントは管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ひどい!この法律(><)・・・。
子供を作らない私としてゎ(涙)

じゃあ、子供を作る?!・・・子供ゎいりません。

遺言を書いてもらうしかないですね~。何か寂しいコトです。

ダーも、「そんなコト兄貴達がするわけないじゃん」

と、言っております(泣)・・・そんなの分かりませんよね。同じく、死を経験していない人です。
おはようございます。AQUAです。考えさせられるお話、ありが
とうございます。先日「エ○カの鏡」でご主人が亡くなった時に
妻がする事云々を見てから、改めて考えていたところでした。

私は両親は健在ですが、一人っ子だし親戚等いない・縁が薄
いせいか、小さい頃から「いずれは一人になるんだし…」と色々
考えていました。(←子供ながらに子供嫌いだったし、やっぱり
変わった子供だったんだとつくづく…。^^;;;)
が、逆な主人は「何とかなるよー」って感じ。^^; 老後とかの話は
機嫌の良い時にしないいと機嫌悪くなるし…。(←仕事の都合で
病院にも出入りするため、職員さんから色々話(裏話も)聞くらし
く、どうしても最終的には死に繋がる老後話はしたがらないんで
すよね…。)はあ…。

子なしを選択した人、特に女性は老後を真剣に考えるもの。でも
色々調べてみても不安が募りますよね…。あー!子なし専業
主婦の老後勉強会とか開催したーいっ!!
このコメントは管理人のみ閲覧できます
こんにちは。
ブログ読ませてもらいました。
私も、子無主婦です。
子無しだからこそ、この前マンションを購入しました。

ほんと、さきゆき不安な世の中で、年金やらそういうのは
あまり期待できないだろうし、持ち家があるのは
安心できていいですよね。


 最近木造のメゾネットに引っ越しましたが、裏も向かいも赤ちゃんがいて、お隣の韓国人ファミリーは私たちがこの物件を環境調査しているとき、奥さんと娘さん達は震災で韓国へ疎開してるときで・・・

 今月帰ってきたら2人めは赤ちゃんだった!!!毎日3方向から赤ちゃんと子供の声が聴こえる・・・・そして木造なもんだからものすごい階段の上り下りの音・・・。

 もうこれはもはや私の顔の周りに数匹の蚊に耐えながらいかに長く座禅を組むか?というような生活(笑)

 ここまでくると次に住む家の住環境で絶対に譲れない事は明白になってきますね。私は赤ちゃん・子供が苦手で夫は木造ならではの他人の出す音が大嫌い。

 子供不可の物件は少ないけれど、軽量鉄骨か鉄骨ですねぇ。因みに姉夫婦も子供はいませんが立派な一戸建てを購入。やはり音に耐え切れなかった様子。

 我が家は夫も私も最近お互い父親を亡くしたので、そこら辺は話が合うのでかなり助かってます。こういうのは難しいですね。
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
* 諸事情により、現在、レス(返信)は行っておりません
* コメントは承認後に表示されます
* 初めてコメントされる方は、
「このブログについて」を必ずお読み下さい
* 批判コメントを送信しようとしている方。コチラをお読み下さい
* 入力内容確認画面で非公開コメントに設定することが出来ます
http://chamakin.blog118.fc2.com/tb.php/587-d31dc7e3
* トラックバック *
Template Design by Akane*
Copyright © 2006 chamakin All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。